Souvenir de la Malmaison(bourbon)/1843


スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン(B)

皇帝ナポレオンの妻、ジョセフィーヌ皇后が、
数々の薔薇を集め、育てた、マルメゾン宮殿の薔薇園を
追憶して命名されたオールドローズです。
ジョセフィーヌ皇后の一生を綴った本を読んで、
「是非育てたい」と恋焦がれて、注文しました。
この薔薇の魅力は、この上品な、シルバーピンクの色合いと、
四季咲き性の強いところにあります。

蕾の形からとても魅力的です。


2004年春のSouvenir De La Malmaison

一季咲きのOldRoseが多い中で
本当にこのOldRoseは、お花が絶えることがありません。
ウドンコ病に弱いバラの代表選手とされるこのバラですが
木酢液を使って育てていると
ほとんど病気知らずのまま
とても元気に育ってくれます。
ウドンコ病の代表選手と同じくらい、よく言われる事は
横張り性のバラの代表選手。
放射状に、枝が横に伸びて行きます。
鉢植えでは、50cm×50cmくらい。
高さは、あまりありません。
鉢植えでも十分育てることが可能な、オールドローズです。
ただ、雨にぬれるとつぼみが開かないことがありますので、
雨の降りそうな日は、軒下に移動した方が良さそうです。
私にはあまり感じることが出来ないのですが
香りも強いとよく本にも書いてあります。



繊細な花びら・・
雨の中では・・ほら、
こうなってしまいうんですよ。
でも雨の中で、
そこがまた美しいところで・・♪


あ〜ぁ・・っとか言いながらも
うっとり、見つけてしまうのでしたσ(^_^;)



HOME

inserted by FC2 system